FC2ブログ

Cafe de Taipei 台北カフェ

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平価 = パリティ

新北市のとある日本料理屋の看板。

20160802 パリティ

看板には

パリティ
平價



と書いてある。

dotch88の認識では中国語の「平價」とはリーズナブルな価格という意味だと思うのだが、この日本語で書かれている「パリティ」とはなんなんだろう???

気になったので写真撮っておいて、後で調べてみました。

世界大百科事典 第2版の解説によると、

へいか【平価 parity】

金本位制のもとでは,各国通貨一単位は一定量の金で表示され,通貨の金価値保証が行われた。中央銀行は,その国の通貨をいつでもその定められた比率での金との交換を保証した。この一定交換比率のことを法定平価mint par (mint par of exchange),または金平価gold parという。第2次大戦後のIMF体制のもとでは,この法定平価は1オンス=35ドルであった。これは,法律によって定められた金とドルとの交換比率,ドル表示の金の公定価格である。



だそうだ。リーズナブルという意味とはだいぶ違いますね。
それにいきなりこんなの読んでも頭に入ってこない(笑)

なんだかよく分からないけど、真面目に目を通すと英語でparityという文字を発見!

これをカタカナ読みにすると確かに「パリティ」になりますね!

経済用語の英単語を日本語読みにしたものを看板に掲げても意味がわかる人間がいるのかなー

少なくてもdotch88には全く分かりませんでした。

まあ日本語があまり分からない台湾人にとっては「パリティ=リーズナブル」となるんでしょうな。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
関連記事

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://dotch88.blog60.fc2.com/tb.php/1827-1334d35f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。